ホットアイマスクは温度調節に注意!適切な温度持続時間とは? タイマー付きのアイマスクを販売するASBIO

目の疲れを取るのに最適なアイマスクには、目をあたためるホットアイマスクをはじめさまざまな種類があります。ホットアイマスクを選ぶ際に気を付けたいのが、温度調節です。こちらでは、ホットアイマスクを使用する際に注意したい温度調節についても解説します。

機能で選ぶアイマスク

女性の目

アイマスクといってもその機能はさまざまです。機能によって使用感まで変わってきますので、まずはどの機能がいいかを選びましょう。

ホット機能は眼精疲労やドライアイにおすすめ

アイマスクのなかには、ホット機能が備わったものもがあります。この機能は、ドライアイや眼精疲労で悩んでいる方におすすめ。ホット機能つきのアイマスクのなかにも種類がいくつかあり、電子レンジであたためるタイプ、温度調節が可能な電源ボタンを押してあたためるタイプ、さらには開封した段階であたたかくなる使い捨てタイプなどが代表的です。
目がじんわりとあたたまり、リラックスした時間を過ごせます。

アロマ機能は自分の好みのニオイでリラックス

アロマ機能がついているアイマスクは、自分の好みのニオイでリラックスができます。ホット機能アイマスク同様、いくつか種類があり、アイマスク自体に香りがついているもの、アロマ専用のポケットが付いているタイプがあります。ポケット付きであれば、自分の好みのニオイを日替わりで楽しむこともできますよ。

サウンド機能付きで聴覚からもアプローチ

アイマスクのなかにはサウンド機能が付いたタイプもあります。アイマスクで目を休めながら、さらにヒーリングミュージックを楽しむことで、リラックス効果の増大が期待できます。なかにはスマホや携帯音楽プレイヤーをつないで自分の好みの音楽をかけられるタイプもあります。

睡眠コントロール機能付き

睡眠コントロール機能とは、装着することで体内時計を分析。レム睡眠とノンレム睡眠のリズムにあわせて、浅いレム睡眠時にタイミングよくお越してくれる目覚まし機能もあります。

ASBIOでは、目元のケアに役立つホットアイマスク(温度調節機能付き・タイマー付き)を取り揃えています。目の疲れで悩んでいる方はぜひご覧ください。

商品の詳細はこちら

ホットアイマスクを使用する際の温度持続時間について

ピンク色のホットアイマスク

ホットアイマスクは目をじんわりとあたためることで、眼精疲労やドライアイの改善をサポートします。ホットアイマスクを着けると心地よさから、ついつい温度を高くしてしまうこともありますが、温度調節や持続時間に注意をしないといけません。

一般的に、目の周辺をあたためるのに適した時間は10分ほど。
ホットアイマスクのタイプによって温度が持続する時間は異なります。
電子レンジタイプであれば約5分、使い捨てタイプであれば約20分が持続時間です。
また、電子レンジは最初高温でその後徐々に下がっていくのに対して、使い捨てタイプは10分でピークに達し、そこから徐々に温度が下がっていきます。

なお電源タイプは電源を切らない限りは温度が持続します。そのため、そのまま寝てしまう、ついつい長くつけ続けてしまうと低温やけどを負うリスクがあるので注意しましょう。そのため、タイマー機能がついているものが理想的です。

タイマー付きのホットアイマスクを使って目の疲れをとろう!温度調節機能付きの商品を販売

ドライアイに悩む人の数は、日本国内で2,200万人にのぼるとまでいわれています。
このように多くの人がドライアイ、さらには眼精疲労に悩んでいます。目の疲れは頭痛や肩こりといった他の症状と引き金となりかねません。
そのため、目の疲れはホットアイマスクを活用して解消しましょう。ホットアイマスクにはさまざまな種類がありますが、温度調節と温度持続について正しく理解しておく必要があります。使用法にそわないと低温やけどのリスクもあります。

ASBIOでは良質な睡眠に近づけられるアイマスクを用意しています。お届けにも対応していますので、ぜひお問い合わせください。

ニットウォームホットアイマスクなら「Backfield Japan Trading」のコラム

温度調節が可能なホットアイマスクをお探しなら「Backfield Japan Trading」

会社名 BackfieldJapanTrading ASBIO Inc.
住所 〒939-2251 富山県富山市下大久保1979-10
TEL 050-5374-5128
メールアドレス akiko@asbio.online
URL https://asbio.net/
PAGE TOP